【RDA】Vapefly「Galaxies MTL RDA」レビュー・一週間使ってみた

【RDA】Vapefly「Galaxies MTL RDA」レビュー・一週間使ってみた

今更感しか無いですが、ほんと使いやすいし味がめっちゃ出る・・・せっかくなので記事に上げてしまおうかとw

後日Galaxies MTL RDA クリアキャップを磨く記事もあげようと思っているのでそちらも見てくださると嬉しいです。

それではレビューしていこうと思います。

Vapefly とは

Vapeflyは2017年に中国の深セン市に設立された電子タバコブランドです。

日本ではGalaxies MTL RDAで一気に知名度を上げました。

Vapeflyは現在

  • Galaxies MTL RDA
  • Galaxies MTL RTA
  • Wormhole RDA
  • Horus RTA

などの商品を排出しています。主にアトマイザーを販売していますが、その他にもワイヤーやコイルなどのアクセサリーの販売もおこなっています。

Galaxies MTL RDA 詳細スペック

本体スペック

  • 製造:Vapefly社製
  • 直径:22mm
  • 高さ(ドリチ込・スレッド無し):32.4mm
  • スレッド高:5mm
  • 接続規格:510スレッド接続
  • 対応ドリップチップ:510サイズ
  • ビルド:シングルコイル前提
  • エアフロー:サイドエアフロー
  • BF対応
  • カラーバリエーション:ブラック、ステンレス、ゴールド、レインボー、限定色にオールブラックあり(ホリックTVver)

スペックだけ見るとRDAではわりと普通な感じですね。ただ、使ってみると結構良いんだよね・・・もう一個欲しい。

 

開封

▲パッケージは水色で、白い線でアトマイザーのデザインが載せてあります。

▲裏面にはアトマイザーの説明がしっかり載っています。

▲未開封なのを証明するためにホログラムシールが貼ってありました。

▲白いスポンジで梱包されてあります。本体が黒なのでちょっと高級感出ますね。

▲箱の中身を全部出すとこんな感じ。2種類もプリメイドコイル入ってるのね。

Galaxies MTL RDA内容物

  • Galaxies MTL RDA 本体
  • BFピン
  • 六角レンチ
  • ドライバー
  • 予備Oリング・ネジ
  • マニュアル
  • プリメイドコイル2種

六角レンチ入ってるけどどこで使うんだコレ・・・?BFピンに使うにしても細すぎるし。まあなかったことにしますw

BFピンに換装するときには付属のマイナスドライバーで装着できます。

デザイン

▲今回購入したものはブラックでトップキャップの上部がウルテムになっています。他3種ではこの部分がブラックになっています。

▲エアフローホールは両サイドにあります。名前の通り宇宙っぽいデザインになっています。

▲エアフローを調整するのは3段階で時計回りに回すとドローが重くなり、逆に回転させると軽くなります。

▲エアフローの仕組みはデッキ側の窪みとトップキャップの穴の位置で調整されるようになっています。

▲アトマイザーは大きく分けて4つのパーツで構成されています。

▲デルリンのドリップチップは510サイズです。

▲ドリップチップの内径は約3.5mmでMTL向けでも若干広く作られています。

▲逆テーパがかかっているので咥え心地は良いと思います。

▲このトップキャップはブラックのみ上部がウルテムで、他のカラーではデルリンブラックになっています。

▲トップキャップは2つに分離することができます。

▲キャップ上部のパーツはウルテムで、磨いてヌルテカにする予定ですw

▲ウルテムパーツとトップキャップの接続部分にはOリングが付いているので間違って外れることは無いと思います。

▲トップキャップの内側はこんな感じ。軽くテーパがかかっているドーム状になっています。

▲続いてデッキを見ていきます。金色がプラス側(ポジティブ)。反対側がマイナス(ネガティブ)となっています。

▲コイルの足を固定するネジの横にあるネジはエアフローの調整に使用します。こちらは全閉状態。

▲ちょっと見づらくなってしまいましたが、エアホールを前回にした状態がこちら。両サイドにあるので片側、両側と開閉することができます。ただ、どちらも全閉にしてしまうともちろん吸うことができないので必ずどちらか片方は開けておきましょう。

▲デッキの端っこにある窪みにはコイルジグを乗せてビルドすることができます。出たばかりの頃は画期的やなーって思ってましたが、ビルド後のコイルの高さも考えられていてすごく便利です。ほんと。

▲デッキを分解してみるとそこまでパーツは多くない感じ。

▲Galaxies MTL RDAはノーマルピンの他にBFピンも付属しているのでスコンカーで運用することもできます。

▲BFピンに取り替えるとデッキの中央にひょこっと先端部分が顔を出します。

▲ノーマル・BFピンどちらもしっかりピンが出てくれるのでメカニカルMODでもちゃんと使用することができます。デッキパーツを固定しているので調整はできませんが十分ですね。

▲別売りでクリアキャップも販売されています。クリアキャプのカラーはオレンジ・イエロー・ブルーの三種類。クリアキャップは初期のトップキャップと違い24mm径になっているので購入の際はご注意を。

▲ノーマルのキャップと違い直径が24mmなのでクリアキャップのほうが若干厚みを持っています。

▲クリアキャップに取り替えるとこの様にデッキが少し透けて見えます。このキャップを磨くと中がスケスケになりますw

今度磨いた記録も記事に上げる予定なので見てくださると嬉しいです。

 

ビルド

今回はカンタルA-1 26G、内径2.5mm、7rap、マイクロコイルで0.7Ω目標にビルドしていきます。

使用するコットンはNINJA WORKZさんの「VAPE COTTON」です。

▲ビルドものすごく楽ですね・・・コイルジグを乗っける窪みがあるのでそれに沿ってビルドすればコイルの高さもいい感じにセッティングできちゃいます。

▲コイルの形が崩れること無くビルドすることができました。

▲コットンの足は写真と同じくらいの長さにすると上手くコットンをデッキに収めることができると思います。

▲ビルドが終わったものがこちら。あとはコットンにリキッドを染み込ませてキャップを付ければ完了です。

 

まとめ・1週間使ってみた

1週間以上使ってみた感想をまとめます。

良かった点

  • 味が濃くでる
  • シングルコイル前提のデッキでビルド・ウィッキングしやすい
  • 価格の割に安っぽくない
  • 3,000~4,000円で買えるのでかなりコスパが良い

味の出かたはかなり驚きました。適当にビルドしてもしっかり味が濃くて、リキッド3種試しましたがフルーツ系、タバコ系、お茶系と、どのリキッドも相性が良いみたいです。

ジグのガイドがあるのでビルドも簡単ですし、リビルドしても安定して同じ状態を再現できるのでとても便利です。

3,000~4,000円くらいで購入できて作りもしっかりしているのでマスプロ製品の中でも上位のコスパを誇ってると思います。

気になる点

  • 単線コイルなどの細いワイヤーの場合ネジ締めのときにコイルの足が逃げる
  • サイドエアフローなので横に倒すとリキッドがじんわり漏れる

ただ、細いワイヤーだと足を固定するときにしっかりネジに噛ませたことを確認しないときちんと固定されてないことがあります。ネジの横に入り込むことがあるんだよね。

コットンがリキッドをたっぷり染み込んでいるとサイドエアフローなのでじんわりとリキッドが漏れちゃいます。これもちょっと注意。

 

総合的に見るとすごく良いアトマイザーだと思います。小さいしBFに対応してるからかなり出番はあると思います。

別売りのクリアキャップもあるのでカスタマイズ性もありますし、磨いたりできるので結構楽しめるんじゃないかな?

後日クリアキャップを磨く記事を書く予定なのでお暇があれば見ていってください!

▲Pico 75Wに載っけるとこんな感じ。22mmアトマ良いよね。

 

購入・価格情報はこちら

【海外SHOP】Vapefly Galaxies MTL RDA By EVERON.com

【海外SHOP】Vapefly Galaxies RDA Replacement Cover By EVERZON.com

以上です!ありがとうございました!