【スターターキット】RINCOE「MECHMAN 228W MESH KIT」レビュー

テクニカルMODキット
スポンサーリンク

こんにちはまたきちです!

今回は18650バッテリーを2本使用するデュアルバッテリーMODの紹介です。簡単操作に豊富なモード、長く使えるテクニカルMODです!セットなっているアトマイザーはメッシュコイルを採用した爆煙仕様!初心者でも扱いやすいスターターキットです!

それではレビューに移っていこうと思います!

今回の提供はRINCOE様です!ありがとうございます!

提供:RINCOE

スポンサーリンク

RINCOEとは

RINCOEは中国の深セン市に本拠を構える電子タバコメーカーです。

日本での流通数はまだ多くはありませんが、Instagramでは7万と超えるフォロワーを持つブランドとなっています。

RINCOEでは

  • TIX Pod Kit
  • Mechman 228W Mesh Kit
  • Mechman 80W Mesh Kit
  • Ceto SE Pod Kit
  • Manto mini RDA Kit

などの製品を製造・販売しています。

Twitter:@Rincoe

Facebook:@Rincoe

Instagram:rincoe_official

Youtube:Rincoe

ホームページ:Rincoe

 

RINCOE「MECHMAN 228W MESH KIT」スペック

MECHMAN 228Wスペック

  • ブランド:RINCOE
  • 接続規格:510スプリングスレッド接続
  • サイズ:53.8 x 29.2 x 90mm
  • 対応バッテリー:18650バッテリー2本
  • ワッテージ:1-228W
  • 入力電圧:6.0-8.4V
  • 最大出力電圧:8.0V
  • 最大出力電流:50A
  • 対応抵抗値(VW/BYPASSモード):0.08-5.0Ω
  • 対応抵抗値(TC/TCRモード):0.05-3.5Ω
  • 温度範囲:100~315℃、200~600℉
  • 充電:5V/2A
  • 搭載モード:VWモード、TC-Ni200、TC-Ti、TC-SS、TCRモード、BYPASSモード
  • 付加機能:高出力・短絡保護、過加熱保護、過放電保護、逆刺し保護、10秒カット機能
  • カラーバリエーション:本体カラー2種フレーム3種、パネル5種

名前がMechManだけどテクニカルMODです。サイズ的には他ブランドのDRAGと変わらないくらいかな?必要な機能も揃ってるし、あとは使い勝手ですね。

充電が2A対応してるってすごい。実際に充電時間を測ってみないとはっきり言えないけど急速充電に対応してるのはやばいですね。

引用:RINCOE

▲このMODは本体、フレームの形状、パネルの模様の種類が豊富なのも面白いです。

 

MECHMAN MESH TANK

  • ブランド:RINCOE
  • 接続規格:510スレッド接続
  • 対応ドリップチップ:810サイズ
  • 直径:28mm
  • 高さ:26mm
  • タンク容量:4.5ml
  • 対応コイル:MESH COIL(single 0.25Ω、dual 0.2Ω)
  • エアフロー:ボトムエアフロー・無段階調整
  • カラーバリエーション:ブラック、シルバー

サイズは大きいが、その分リキッドを4.5ml保持することができるのは便利。専用のコイルはメッシュワイヤーを使用したものだけなので爆煙向きのクリアロマイザーになっています。

 

RINCOE「MECHMAN 228W MESH KIT」開封

▲こちらが今回ご紹介するRINCOE「MECHMAN 228W MESH KIT」のパッケージです。

▲裏面にはパッケージ内容と注意書きがびっしり記載されています。認証マークもしっかり印刷されていますね。

▲パッケージに貼られているスクラッチでRINCOEホームページから正規品か確認することができます。

▲パッケージを開封すると各内容物がきれいに収まっていました。

▲内容物を全て取り出すとこんな感じです。たくさん入ってる。

RINCOE「MECHMAN 228W MESH KIT」セット内容

  • RINCOE「MECHMAN 228W MOD」
  • RINCOE「MECHMAN MESH TANK」(Single Mesh Coil 0.25Ω装着済)
  • Dual Mesh Coil 0.2Ω
  • 予備ガラス
  • 予備Oリング
  • USBケーブル
  • ユーザーマニュアル
  • バッテリーチェックカード
  • Certificate Card x2
  • 保証書
  • コイル使用マニュアル

あとは18650バッテリーを2本用意すればすぐ使えるようになっています。予備パーツも揃っているので何も問題ないですね。

Certificate Cardが2枚入ってるのは間違って重なってたんかな?

 

RINCOE「MECHMAN 228W MESH KIT」デザイン

それではデザインを見ていこうと思います。MOD→アトマイザーの順でレビューしていきます。

▲今回ご提供くださったのはブラックのスチールボーンフレーム、USAパネルの組み合わせになっています。アトマイザーのカラーも本体カラーと同じ物がセットになっています。

▲操作面はこんな感じ。上からパフスイッチ、液晶画面、+-ボタン、USB差し込み口となっています。入荷状態だと液晶部分には保護フィルムが貼ってあります。

▲操作面の反対側はゲームの移動パネルのようなデザインになっています。

▲操作面の左サイドは星条旗デザインにフレームが覆いかぶさるようになっています。星条旗デザインパネルは合皮になっています。一応このパネルを分解することもでき、星条旗の柄をオリジナルのものに変えたりもできます。

▲星条旗デザインの反対側はブランドロゴがあります。こちらも液晶と同じくロゴには保護フィルムが貼ってありました。

▲トップ側にアトマイザーを接続する510スプリングスレッドがあります。直径25mmまでのアトマイザーであればはみ出さずに装着することが出来ます。ど真ん中にアトマイザーがくることになります。

▲底面はベントホールが空いています。真ん中にMOD名とブランド名が刻印されていました。

▲ロゴのあるパネルは着脱可能のバッテリーカバーで、バッテリーを入れることが出来ます。カバーは協力なマグネットで固定しているので落下させたり強い衝撃を与えない限りポロッと取れることはなさそうです。

▲バッテリーの向きもきちんと分かるようになっています。

▲バッテリーを入れるとこんな感じ。バッテリーの着脱用につまみがあるのはほんと助かる。

▲続いてアトマイザーに移っていきます。アトマイザーは本体カラーと同じブラックです。

▲ドリップチップは810サイズのレジン。黒赤のレジンかっこよすぎない?

▲トップキャップはスライドタイプです。結構硬めなので不意に空いてしまうこともなさそう。

▲アトマイザーの底面にはブランドロゴと名前、認証マークが刻印されています。

▲クリアロマイザーだけど一応ポジティブピンも紹介。メカニカルMODでの使用は厳禁ですのでご理解を。

▲アトマイザーを分解すると大きくワケて5つのパーツに分かれます。

▲ドリップチップは810サイズ。ワイドボアなのでDL前提ドリップチップになっています。それにしても良い模様。

▲トップキャップは先程も説明したとおりスライドタイプになっています。

▲裏側はこのような感じになっています。これ以上分解はできなさそう。

▲ガラスチューブはバブルガラスで多くのリキッドを保持することができるようになっています。

▲始めから装着されていたコイルはsingle mesh coil 0.25Ωです。

▲付属のdual mesh coil 0.2Ωと入れ替えることも出来ます。コイルの外周にはオーム値と適正ワッテージが刻印されているので、それにあわせてMOD側で調整します。

▲コイルの中を覗くと本当にデュアルメッシュコイルなのがわかります。すごい。ただ、低抵抗値なのでリキッドによってはガンクがすぐに溜まっちゃって交換が早まるかも。

▲最後にベースパーツを見ていきます。

▲ベースパーツにはエアフローがあり、全閉から全開まで無段階で調整することが可能です。全閉は吸えないくらい。全開だと結構スカスカになります。

▲アトマイザーとMODを組み合わせるとこんな感じになります。

 

RINCOE「MECHMAN 228W MOD」操作方法

基本操作

  • 電源ON/OFF:パフスイッチを5回押す
  • モード切替:パフスイッチを3回押す
  • ロック:+-ボタンを同時に長押し

▲こちらはVWモード時の表示です。上にバッテリー残量とモード。真ん中にはワッテージと吸った秒数。下には抵抗値と電圧が表示されています。

このVWモード中には以下の機能が使用できます。

  • 抵抗値ロック:パフスイッチ、+-マイナスボタンを同時に長押し
  • :+-ボタンを同時に長押し

▲BYPASSモードはVWと表示が変わりません。

BYPASSモード中では以下の機能が使用できます。

  • 抵抗値ロック:パフスイッチ、+-ボタンを同時に長押し
  • ワッテージロック:+-ボタンを同時に長押し

▲TC(NI200,TI,SS)モードはVWモードやBYPASSモードと違い、真ん中に温度、下にワッテージが表示されるようになります。

TC(NI,TI,SS)モードでは以下の機能が使用できます。

  • 抵抗値ロック:パフスイッチ、+-ボタンを同時に長押し
  • 温度ロック:+-ボタンを同時に長押し
  • ワッテージ変更:パフスイッチと-ボタンを同時に長押し

▲TCRモードはTCモードでカバーできないワイヤー(SS316など)を使用する際に使います。TCモードでは自動で設定されていた温度係数を調整できるようになります。

TCRモードでは以下の機能が使用できます。

  • 抵抗値ロック:パフスイッチ、+-ボタンを同時に長押し
  • 温度ロック:+-ボタンを同時に長押し
  • ワッテージ変更:パフスイッチと-ボタンを同時に長押し
  • 温度係数調節:パフスイッチと+ボタンを同時に長押し

 

RINCOE「MECHMAN MESH TANK」使い方

▲付属品に入っていたコイル使用マニュアルの通りにすれば問題ないかと思いますが実際にやってみます。

▲まずはコイルの外周にある4箇所のコットンが露出している部分にリキッドを染み込ませます。

▲次に内側のコットンにだけリキッドを染み込ませていきます。鈍針のキャップじゃないと結構めんどくさい。

▲ガラスとトップキャップと装着してタンク内にリキッドを補充したら暫く放置します。コイル使用マニュアルには3分と記載されていますが、気持ち長めに放置しておいたほうが良いかもしれません。以上になります。かんたんでしょ?

 

まとめ

良かった点

  • テクニカルMODとして必要な機能は揃っている
  • わかりやすいマニュアル
  • 持ちやすいデザイン
  • 優秀なアトマイザー

テクニカルMODとして欲しい機能は揃っていますね。TCだけでなくTCRにも対応しているので用途の幅が広がるのは良いこと。操作も難しくないのですごく扱いやすいチップを搭載しているなと思います。カーブモードがあると更に良いMODになったと思う。立ち上がりもいい感じに早く使いやすいですね。

マニュアルは英語だけどわかりやすく記載されてあるので便利。その通りにすればちゃんと扱えるっていうのは初心者の方にとってもかなり安心できる要素だと思います。

大きさの割に持ちやすい形状をしています。ほぼ同じサイズのテクニカルMODにDRAGがありますが、あれよりも持ちやすいですね。若干段差があるデザインなので手から滑り落ちることも無いし良いデザインです。

メッシュコイルのみに対応していますが、かなりいい感じです。スライド式のトップキャップの使いやすさ、エアフローの調節精度、メッシュコイルの性能全てがよく出来ていると思います。メッシュワイヤーを筒状にしたものは構造的に味が出やすいのでこのアトマイザーはオススメです。漏れも無く安心。

 

気になる点

  • 交換用のコイルが国内では入手しづらい

国内での流通が少ないブランドなので交換用のコイルを入手するには海外通販を利用する必要があります。他にアトマイザーを持っていれば何も問題有りません。

 

テクニカルMODとしてはかなり良い製品だと思います。全6種のモードとおぼえやすい操作で初心者にもオススメできるスターターキットでした。あとは大きなサイズとデザインが気にいるかどうかといった感じですね。

日本国内で取り扱っている店舗が少ないのが難点ですが、海外通販サイトであれば結構かんたんに見つかると思います!

提供:RINCOE

購入はこちら↓

RINCOE-Store:RINCOE Mechman 228W Mesh Kit

EVERZON:RINCOE Mechman 228W Mesh Kit

EVERZON:RINCOE Mechman 228W MOD

以上です!ありがとうございました!

コメント