【iQOS互換機】MYSHINE TECH「MSN M50」レビュー

IQOS

よければクリックをお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
他の人気VAPEブログはこちら

みなさんこんにちは、またきちです。

前回に引き続き、今回もiQOS互換機のご紹介です。

前回の「MSN M1」と同じMYSHINE TECHから出ているデバイスです。

基本的な性能ではバッテリー容量とデザインが違うだけみたいですが、見ていきたいと思います。

 

MYSHINE TECH様よりご提供いただきました!ありがとうございます!

それではレビューに移っていこうと思います!

スポンサーリンク

MYSHINE TECHとは

MYSHINE TECHは中国の深セン市を本拠地とするメーカーです。

2014年にナショナルブランドの確立を目指すべく設立されました。製品保証や安全に使用できるように各種保護機能を搭載するなど、顧客中心の製品を製造・開発しています。

MYSHINE TECHでは

  • MSN M1
  • MSN M50

を販売しています。

MYSHINE TECH公式ページはこちら

MSN M1 詳細スペック

MSN M1スペック

  • MYSHINE TECH社製
  • サイズ:107 x 22.8mm
  • 重量:約73g
  • バッテリー容量:1,450mAh
  • 喫煙可能本数:20~23本(MAX充電時)
  • 喫煙可能時間:4分間 or 15回
  • 温度設定:2段階(低温⇔高温)
  • 対応タバコ:iQOS専用のもの(マルボロ、HEETS、パーラメント)
  • カラーバリエーション:レッド、ブルー、シルバー、ブラック
  • 保護機能:過充電・過放電保護、短絡保護、充電時ロック機能、回路保護機能
  • 保証:6ヶ月保証

欲しい機能はすべて備わっています。喫煙可能本数は設定した温度にもよりますが十分かなと思います。

保護機能もきちんと揃っているし、保証期間も半年あるので安心して使用できそうです。

MSN M1 開封

▲こちらが今回ご紹介する「MSN M50」のパッケージです。

▲裏面には付属品一覧が記載されていました。

▲開封すると早速本体とご対面。

▲中蓋ごと本体を取り出すと付属品が入った長方形の箱が出てきます。

▲箱に入っているものをぜんぶ取り出すとこんな感じ。

MSN M50 内容物一覧

  • MSN M50 本体
  • USB充電用ケーブル
  • 綿棒セット
  • 取扱説明書
  • 合格証

となっております。他のiQOS互換機と違いはさほどありません。

▲綿棒は乾いたタイプで10本入っています。

MSN M1 デザイン

▲今回ご提供いただいた「MSN M50」のカラーはレッドになります。レッドよりのオレンジっぽい気もする。

▲正面にはボタンとLEDライトがありました。ライトは白、青、赤、緑、紫の全5種類のパターンがあります。

電池の残量を確認する場合は色で知らせてくれます。

  • 赤色:残量0~20%
  • 青色:残量20~80%
  • 緑色:残量80~100%

となっています。

▲ボタンの反対側には本体を充電するためのUSB差込口があります。

▲上部にはヒートスティックを差し込む穴があります。

▲下部には何もなく擬似鏡面加工になっています。

▲アトマイザーキャップは着脱することができます。

▲本家iQOSと同じセラミックブレードが採用されています。

▲キャップの裏側にはマグネットが仕込んであり、本体側にあるマグネットにひっつくのでするっと本体にしっかり固定されます。

使ってみる

使用方法

  • 電源ON/OFF:ボタンを5秒長押し
  • 加熱開始:2秒以内にボタンを3回押す
  • 温度切替:加熱時に2秒以内にボタンを3回押す
  • クリーニング:電源ONの状態で2秒以内にボタンを5回押す

▲まずはボタンを5秒長押しして電源をONにします。

▲電源がONになったらヒートスティックを本体に差し込み、2秒以内にボタンを3回押します。ヒートスティックはしっかり固定されて唇にくっついて抜けることもなさそう。

▲LEDが青色だと低温モード。

▲LEDが白色だと高温モードになります。

▲吸い殻はこんな感じ。

▲半分に割ってみるとしっかり熱が入っていることがわかります。

▲電源がONの状態で2秒以内に5回ボタンを押すとセラミックブレードを加熱してクリーニングすることができます。クリーニング中は紫色のライトが点灯します。

まとめ

良かった点

  • 握りやすい形状
  • 基本操作がかなりシンプル
  • しっかり加熱される
  • コスパが良い

太さがかなりちょうど良くて滑り止めが無くとも握り込めるサイズで

前回ご紹介した「MSN M1」と操作方法は同じですが、やっぱり扱いやすいですね。喫煙具はかなりの回数使用することになるので簡潔でないとめんどくさくなったりしますし。

吸い殻を半分に割って確認してもしっかり加熱されていました。互換品としてなら本当に十分だと思います。

価格は5,000円前後と比較的安価な設定になっています。安全機能や加熱能力を考えるとコスパは良いように思えます。

気になる点

  • 上下部分の疑似鏡面パーツが少し安っぽい

上下部分が少しおもちゃっぽい印象があります。色のついた部分は良いのですが上下部分はちょっと・・・ただ、塗装はしっかりされているので剥がれ落ちたりは無さそう。

 

デザインは「MSN M1」のほうが好みでした。上下の銀部分がちょっと受け入れられなかった・・・

機能でいうと必要なものはすべて揃っているので使いやすいです。相変わらず操作方法も簡潔ですし、かなり扱いやすいです。

気になった方は是非購入を検討してみてはいかがでしょうか。

価格は5,000円前後となっています。

 

Amazonの商品ページはこちら

Amazon:MSN M50 ブラック

Amazon:MSN M50 シルバー

Amazon:MSN M50 レッド

Amazon:MSN M50 ブルー

以上です!ありがとうございました!

コメント