【ブログ運営】撮影キットがやってきた!FOSITAN K40 LED撮影ボックスレビュー!

【ブログ運営】撮影キットがやってきた!FOSITAN K40 LED撮影ボックスレビュー!

ちょっとレビュー環境を変えようかなーっと思ったのでシリーズ化して、買ったものも全部レビューしちゃおうかと。

前のブログから見てくださっている方は知ってるかもしれないけど、レビュー品を撮影する時の背景が、

コルクボード → コルクボードA3用紙 ビルドマットの上 といった感じで撮影ボックスなんて使ってなかったんですよね。

最近、少しずつですがメーカー様やSHOP様から提供品を頂く機会が増えてきたので、小型の撮影ブースを作ろうかな~と思っていました。

ただ、自作するとなると安っぽさが出るなーと思ったので買っちゃいました。

ライト2つ付き、カメラスタンド付き(スマホ対応)のものを探すと結構良さそうなものがあったので紹介していきます。

FOSITAN 撮影キット 詳細

  • FOSITAN製
  • モデル:K40
  • サイズ:40 x 40 x 40cm
  • LED入力電圧:AC100-240V
  • ライトワット数:2 x 7W
  • 色温度:3000K-9000K
  • 動作温度:-20℃~40℃

と簡単ですが、こんな感じ。一辺40cmは結構大きいです。正直届いた時はびっくりしました。でもこのくらいあったほうがいいですね。大は小を兼ねる。

ボックスでの撮影でしかLEDライトを使うことは無いので十分です。

FOSITAN撮影キット セット内容

▲ダンボールから取り出したものがこちら。左の巻物っぽい2つが背景用の布。右が本体と付属品

▲本体のポケットに撮影キットや小物を収納することができます。

▲本体のポケットには付属品が収納されていました。全部出してみると結構はいってる。

セット内容

  • バックグラウンドバッグ(撮影ボックス本体) x1
  • カメラ・ライト兼用三脚 x3
  • 背景布 (ホワイト、ブラック、レッド、ブルー)
  • ライト用カラーフィルター (ホワイト、オレンジ、ブルー)
  • リングLEDライト x2
  • 電源アダプタ x2
  • スマートフォン用ホルダー x1

と、すぐに使える用に付属品もしっかり付いてきます。

付属品ごとに見てみる

▲まずは本体ですね。取っ手付きで持ち上げたり、持ち運ぶのも楽ちん。ただ、ちょっと重さがあるので持ち運びはしないと思います・・・

フロント側には3つポケットがついており、各部品を収納することができます。

▲裏面は無地でシンプル。ちょっと汚れていますが、レビュー前に部屋の掃除をしていたので汚しちゃいました()

▲蓋の部分はマジックテープで固定されています。

▲本体を開封すると白い布に針金を通してある板が収納されていました。

▲広げるとこんな感じ。これを箱の形状に組み立てていきます。

▲箱型にするときはマジックテープで固定するタイプになっています。

▲各面は中に針金が入っているのでちゃんと自立してくれます。写真は撮っていませんが上部にも白い布があるので、左右だけでなく上からもライトアップすることができます。

▲LEDライト用のカラーフィルターは3種類。ホワイト、オレンジ、ブルーがあり、被写体を撮影するときに好きな色にライトアップすることができます。

▲LEDライトはUSB用のACアダプターに接続して電源を取ることができます。

▲出先で使うことは少ないと思いますが、このようにモバイルバッテリーにつなげて使用することもできます。

▲電源に接続したらあとはスイッチをONにするだけでライトアップすることができます。光量の調整はありません。

▲続いて登場するのは三脚です。上の画像のようにLEDライトを付けて使用できます。

▲LEDライト以外にもスマートフォン用のアタッチメントやカメラを装着することができます。ただ、耐久が心配なので一眼カメラは載せないほうがいいかな?

▲スマートフォン用のアタッチメントはこのように接続することもできます。アタッチメントにはiPhone7plusが装着できたので大抵のスマートフォンには対応できると思います。

▲背景布もちゃんと付属しているのですが、見て分かる通り。シワがすごいです・・・材質的に仕方ないのですが、ライトアップするとすごいことになるんですよね。背景布だけ別途用意したほうがいいかな?

撮ってみる

▲照明にホワイトカバーを付けて撮影

▲照明にオレンジカバーを付けて撮影

▲照明にブルーカバーを付けて撮影

▲照明にオレンジとブルーをそれぞれ1つずつ付けて撮影

▲撮影したものを引きで撮るとこんな感じ。40 x 40 x 40cmと結構な大きさでレビューには困らなさそうなくらい大きめに作られています。

▲ブログ用に画像を加工して画質を落としているのですが、こんな感じに複数個のMODやアトマイザーを並べて撮影しても全て1枚に収めることができました。

まとめ

良かった点

  • 40 x 40 x 40cmとかなり大きめのサイズで撮影するものを選ばない
  • ライトにもカメラにも使える三脚付き

本当にいいサイズでVAPE関連の撮影だとまず困らなさそうです。各辺40cmは本当にでかい!だけど折りたたんで収納できるのもすごくいい。撮影するときしか広げないし問題ないです。

LEDライトやカメラ、スマートフォンを立てることができるスタンドがあるのも便利。別に用意する必要がなくなるのでこれ一つ買ってしまえば簡単な撮影はできますね。レビューブログだけでなくメルカリ用の画像だったりもきれいに撮影できると思います。

気になる点

  • 背景布が薄くてしわになりやすい
  • ライトが2つ付いてるが物足りない

背景用の布が4枚ついていますが、どれも厚さが薄くてシワがすごく目立ちます。A3用紙に変えてもいいけどせっかくいいもの買ったんだし、布も選んでみます。

LEDライトが2つ付属していますが、光量が若干物足りなく感じます。クリップタイプのLEDライトを別途用意して上から照らしたりしたほうがバランスよく被写体を明るくできると思うのでそちらも後日やっていきます。

 

これからのレビューに載せる写真はこの撮影キットを使用していくと思います。

この撮影ボックスだけで撮影するつもりは始めから無くて、別の道具も揃えていこうと思うのでブログ運営といったカテゴリーで記事にしていく予定です。

他のブロガーさんは当たり前のようにやってることもあると思いますが、何か発見の材料になればなと。

以上です!ありがとうございました!