【香料原液】Cocokara「VCC-バニラカスタードシガー-」レビュー

香料原液

HiLIQ送料無料キャンペーン!11月5日 24時間限定

こんにちはまたきちです!

今回はCocokaraフレーバー第六弾Cocokara「VCC-バニラカスタードシガー-」のレビューです。

日本でもかなりの人気を誇るVCTの風味をトレースしたバニラカスタードシガーフレーバー!筆者はあまりデザート+タバコ系のフレーバーは吸いませんが、VCTはかなり好きだったので楽しみです!

それではレビューに移ろうと思います!

提供はCocokaraさんです!ありがとうございます!

提供:Cocokara

スポンサーリンク

Cocokaraについて

ココカラ-cocokara-とは

ココカラはVAPE(電子タバコ)用の自作リキッドに関する製品を取り扱う輸入代行業者です。

オリジナルの香料原液を販売していますが、日本国内で取り扱いの少ない海外フレーバーも取り扱っており

取り扱っているフレーバーブランドは以下になります。

  • Cocokara(国産)
  • Capella Flavors(アメリカ)
  • Flavor West(アメリカ)
  • The Perfumer’s Apprentice(アメリカ)

またココカラのHPでは自作リキッドの作り方も掲載されているので初心者にも優しいショップです。当ブログの筆者もデビューしたての頃にお世話になっていました。

自作リキッドに必要になるベースリキッドも販売されているので材料はココカラで揃っちゃいます!

送料と支払い方法

送料は全国一律で250円ですが、5,000円以上の注文で送料無料にすることができます。但し、国際発送商品の購入時には別途2,000円の発送料金が発生するので注意が必要です。
※国際発送商品は製品ページに明記されているので注文前に確認することができます。

現在は支払い方法が銀行振込のみとなっています。

送料について-ココカラ
支払い方法について-ココカラ

 

ココカラ-cocokara-のHPはこちら↓

 

ボトルデザイン

▲こちらが今回ご紹介するCocokara「VCC-バニラカスタードシガー-」のボトルです。写真のボトルは15mlですが、30mlのものも選んで購入することができます。

▲ボトルのラベルにはタバコ・バニラ・カスタードのイラストが印刷されています。

▲ボトルのキャップ部分は未開封か判別できるようにブリッジがついています。

▲点眼ボトルになっており、1滴あたり約0.05ml出るようになっています。テスト用のリキッドを作る場合には誤差は小さいのですが、あくまで目安なので大容量のリキッドを作る際はきちんと測ることをおすすめします。

 

実際に混ぜてみた

フレーバー詳細

バニラ+カスタード+シガーをバランスよく組み合わせる事により、人気リキッドVCT(RIPE VAPES)の風味をトレースしています!
バニラカスタードの上品で濃厚なうま味にエンドノートにタバコとナッツの香りが楽しめます!

目安点眼量(10mlあたり):15~20滴
VCCフレーバーの特徴【5段階評価】
甘味 4 ★★★★
苦味 2 ★★
風味 5 ★★★★★

引用:ココカラ

まずは低用量から作成していくので10ml分を2種類の濃度で作成していきます。

Cocokaraさんがおすすめしているマスカットフレーバーの濃度は10mlのリキッドを作る場合、15~20滴(0.75ml~1ml)となっているので7.5%と10%の2種類を準備します。

▲ボトルにベースリキッドとフレーバーを入れたらシールなどにメモをしておきます。まんべんなく混ぜるために定期的に振ったり寝かせておきます。(薄かったのであとから濃度15%を別に用意しています)

 

吸ってみる

フレーバーメインのレビューなので高抵抗値でのセッティングでテストを行います。

15W-15滴(7.5%)

うすーいバニラ。もっともっと濃く濃く。

 

15W-20滴(10%)

物足りないけど香りは楽しめますね。バニラとカスタードの存在感が強いのでタバコ感は分かりづらいです。

 

15W-30滴(15%)

薄味だったので今回も番外編の15%を別に作成しました。

めちゃくちゃ旨い!このくらいの濃度で丁度いいんじゃね?ってくらい美味しい。あまり濃度が高すぎてもクドくなりそうだしなー。ここにRY4のタバコ感とかコーヒーシガーの渋さを混ぜても面白そう。

VCTの完全コピーではないけど近いフレーバーで美味しい。もう少し奥行きというか深さが欲しいかな?と思う程度で完成度は高いと思います。

 

レシピ

  • Cocokara「VCC」+Cocokara「RY4」
    メインフレーバーをバニラかタバコかにする違いでそれぞれの濃度が変わりますが、すごく相性がいいです。
    RY4には元からバニラフレーバーが少し入っているので、どちらかと言えばバニラメインにするほうがブレンドするには面白いです。
  • Cocokara「VCC」+Cocokara「Coffee Cigar」
    メインフレーバーをCofee Cigarにすると後味にバニラの風味が残っていい感じ。ただ、バニラ単体のフレーバーのほうが相性はいいかも。
    ただのコーヒーフレーバーをVCCに混ぜるのもおいしいと思います。

 

まとめ

VCTとは少し違うけどバニラカスタードがめちゃくちゃ旨いリキッドが作れますね。

バニラとカスタードが美味しく、存在感があるので他のフレーバーとブレンドしてみるのもアリですね。人気リキッドの風味をトレースしただけでは無く、このフレーバーは単体としてもしっかりした完成度だと思います!

COCOKARAさんのフレーバーページに目安点眼量が掲載されているんですが、15%以上20%未満の割合を目安にして作ったほうが味がわかりやすいかもしれませんね。

COCOKARAさんのフレーバーは他の海外ブランドと比べると薄いって情報は見たことあるけど、レシピの情報ってまだ少ないですよね・・・自作erがもっと増えたら良いのに!とか思ってます。

提供:Cocokara

購入はこちら↓

COCOKARA:VCCフレーバー 15ml or 30ml

COCOKARA:ベースリキッド50【標準】VG50:PG50 (260g/220ml)

COCOKARA:ベースリキッド60【標準】VG60:PG40 (260g/220ml)

 

以上です!ありがとうございました!

コメント