【VAPE】オススメのアトマイザーの種類別まとめ

VAPEについて

自分自身、VAPEデビューしてまだ日が浅い頃はどれを買えば良いのか全くわかりませんでした。

MODって?RDAって?とどのサイトを見てもたくさんの用語が押し寄せてきてる感じで調べようとしても情報が多すぎる。

なので、今回はアトマイザー編ということで、種類や特徴、オススメのアトマイザー本体などをまとめていきます。

スポンサーリンク

アトマイザーの種類

アトマイザーは大きく分けて4種類になります。

  • クリアロマイザー
  • RDA(Rebuildable Dripping Atomizer)
  • RTA(Rebuildable Tank Atomizer)
  • RDTA(Rebuildable Dripping Tank Atomizer)

それぞれ構造が違ったり、初心者に向いているものがあります。

初心者~中級者向け

初心者向けなのは、スターターキットの付属アトマイザーによく選ばれるクリアロマイザーです。

クリアロマイザーはRBAアトマイザーと違い、既にコイルを組んであるユニットを交換するので手間がかかりません。また構造もシンプルなのでメンテナンスが簡単です。

「VapeOnly ARCUS」や「iStick Pico」などのスターターキットの付属アトマイザーにクリアロマイザーが採用されています。

また、Nautilus2などのクリアロマイザーには別途自分でコイルと組める「RBAユニット」が販売されているものもあります。

中級者~上級者向け

クリアロマイザー以外のRDA,RTA,RDTAは中級者から上級者向けのアトマイザーになります。

全部まとめてRBA(Rebuildable Atomizer)と呼ばれるものです。簡単に訳すと、再構築して利用するアトマイザーです。

クリアロマイザーと違いコイルを自分で組む必要があります。コイルに使用するワイヤーや組むコイルによって抵抗値が変化するため、事前知識が必要となります。

また、コイルを巻く際に必要な道具もあるので用意する必要があります。

以上のことにより中級者~上級者としています。

 

クリアロマイザー

クリアロマイザーの最大の特徴は「他のアトマイザーより手軽に使える」ことです。

VAPE(電子タバコ)デビューしたての頃は知識がほとんど無い状態で始まる為、非常に便利です。

初心者向けのスターターキットなどではこちらのアトマイザーがセットで販売されていることがほとんどです。

メリット

  • 必要な知識は最低限。
  • コイルを巻く手間が無い。
  • タンクのリキッド残量を確認しやすいものが多い。
  • VAPE(電子タバコ)に不慣れでも簡単に使用することができる。

デメリット

  • 液漏れしやすいものがある。
  • 煙の量や味の濃さを調節することができない。(コイルに依存しているため)
  • 交換用のコイルを購入する必要がある。(1個あたり300円~400円程)
  • メカニカルMODに使用できない。(事故に繋がる恐れがあるため)

オススメのクリアロマイザー

こちらのアトマイザーは楽天で3,500円ほどで販売されています。クリアロマイザーの中でも味が濃くでることで評価されています。コイルは2個付属していますが、別売りのコイルを購入して交換することもできます。

また、Nautilusシリーズには非公式ですがRBAユニットが販売されています。海外からの輸入になりますが興味のある方は下のリンクから確認することが出来ます。

Nautilus RBAユニット-GEARBEST

RDA(Rebuildable Dripping Atomizer)

RDAはクリアロマイザーと違い、自分でコイルを組む必要があります。RTAやRDTAの基礎となる構造でシンプルなものが多いです。

簡単に構造を説明するとビルドデッキにトップカバーとドリップチップがついたものになります。

大きな特徴は、非常にコンパクトです。ただ、こちらはリキッドを溜めておくタンクが無く、コットンが乾いてしまう前にリキッドを染み込ませる必要があります。

しかし、煙の量や味の濃さを極限まで高めることができるので爆煙を極めたい方にRDAはオススメです。

メリット

  • リキッドタンクが無い代わりに小さく、コンパクトなものが多い。
  • 構造上、味や煙の量を調整しやすい。
  • 様々なMOD(テクニカルMOD、メカニカルMOD)にし使用できる。
  • BF(ボトムフィーダー)に対応している。
  • 構造がシンプルでメンテナンスしやすい。

デメリット

  • リキッドタンクが無いため都度リキッドを入れなければいけない。
  • ビルドの知識が必要なため初心者に不向き。

オススメのRDA

こちらのMaze V3は楽天で3,000円ほどで購入できます。爆煙向きというよりはフレーバーチェイサー向けのものになっています。付属品にプリメイドコイルとコットンがあるのですぐにビルドすることが出来ます。

また、BFピンも付属しているのでスコンカータイプのMODにも使用することができます。デザインもシンプルでカラーバリエーションも良いので様々なMODに合わせることが出来ます。

RTA

RTAは見た目はクリアロマイザーに似ていますが、RDA同様自分でビルドするひつようがあります。

大きな特徴は、RBAと違いリキッドタンクがあるためリキッドを入れる手間がありません。タンク容量の大きいものは1日余裕で持つことがあります。

最近人気のMTLに特化した商品も増えてきています。

メリット

  • リキッドタンクがあり、2mlのタイプから大容量のものまである。
  • 爆煙仕様とMTL仕様のものがあり好みのものを選べる。
  • 様々なMOD(テクニカルMOD、メカニカルMOD)にし使用できる。
  • 構造上、味や煙の量を調整しやすい。

デメリット

  • RDAやRDTAと比べるとビルドが特殊で、ビルドが甘いと漏れやすい。
  • ビルドの知識が必要なため初心者に不向き。
  • タンク部分にガラスチューブを採用しているものが多く割れやすい。

オススメのRTA

このBERSERKER RTA MTLは楽天で4,000円程度で購入出来ます。かなり性能が良くコスパが高いRTAですが、ウィッキングが少しむずかしいです。

直径が24mmと22mm(mini)の二種類があり、持っているMODに合わせて選ぶことが出来ます。詳しくは下のURLを御覧ください!

【RTA】VANDYVAPE「BERSERKER MTL RTA(バーサーカーエムティーエル)」レビュー

【RTA】VANDYVAPE「BERSERKER MTL RTA MINI(バーサーカーエムティーエルミニ)」レビュー

RDTA

簡単に説明するとRDTAはRDAのデッキの下にタンクが付いたものになります。なのでRDA同様ビルドが必要になります。

 

メリット

  • リキッドタンクがある。
  • 爆煙仕様とMTL仕様のものがあり好みのものを選べる。
  • 様々なMOD(テクニカルMOD、メカニカルMOD)にし使用できる。
  • 構造上、味や煙の量を調整しやすい。

デメリット

  • ビルドの知識が必要なため初心者に不向き。
  • リキッドチャージし辛いものが多い。

オススメのRDTA

このNIXON RDTA v1.5は日本で一番と言っていいほど人気のRDTAです。味が良く出るうえに漏れづらいのでかなり使いやすいアトマイザーです。

また、BFピンが付属しておりスコンカーMODに載せて使用することができます。RDTAでは珍しい構造です。

v1.5の前にv1.0 MTLが発売されています。それぞれのパーツを組み合わせてv1.5をMTL化する人も居ます。

NIXON RDTA v1.5の詳細はレビューをしているのでそちらを御覧ください。

【RDTA】GASMODS「NIXON RDTA v1.5」レビュー

各アトマイザー共通の注意点

どのアトマイザーでも使用する際に注意しなければいけないことがあります。

これから書くことに注意しておかないと大きな事故に繋がりかねないため念頭に置いてください。

メカニカルMODでの使用について

MODには電子回路を用いたテクニカルMODと、電子回路を用いらずバッテリーの電力を直接アトマイザーへ出力するメカニカルMODの2種類があります。テクニカルMODは短絡防止の機能が付いているのでバッテリーのショートを防ぐことが出来ますが、メカニカルMODにはその短絡防止機能がありません。そのためメカニカルMODを使用する際は細心の注意を払う必要があります。(使い方を誤ると大きな事故に繋がります。)

メカニカルMODを使用する際に以下2つのことに気をつけてください。

  • メカニカルMODにクリアロマイザーを使用しない。
  • コンタクトピンがきちんと出ているアトマイザーを使用する。

まずコンタクトピンとは、アトマイザーとMODを接続する一番出っ張っている部分の事をいいます。

↑写真では金色の部分です。ここからアトマイザーのコイルへ電気を流します。見づらい場合は拡大してください。

メカニカルMODではハイブリット接続という方法で電池とアトマイザーを直接接続します。この時にアトマイザーのコンタクトピン以外の箇所が電池に触れてしまうと抵抗値が急激に下がり、最悪バッテリーの爆発事故につながることがあります。

クリアロマイザーではコンタクトピンがきちんと出ていないもの、コンタクトピンを押し込むと沈むものがほとんどです。多少コンタクトピンが出ているからと言ってもかなりの確立でピンが沈みます。なのでメカニカルMODでクリアロマイザーを使用しないでください。(稀にフリマアプリ等でクリアロマイザーをメカニカルMODで使用可能と謳って販売している人も居ますが信じないように)

クリアロマイザー以外のアトマイザーでもコンタクトピンがきちんと出ていないもの、固定されていないものがあります。メカニカルMODで使用する前にかならずコンタクトピンを確認するように心がけてください。

また、VAPEにはクローン品というものがあります。簡単に言うと偽物(コピー品)です。こちらは作りが甘くめちゃくちゃなものがあります。なるべく正規品を利用することをオススメします。

VAPEでの事故は大怪我に繋がるだけでなく「日本中のVAPERにも迷惑がかかる」ということを覚えておいてください。

 

まとめ

アトマイザーについてまとめました。

主に初心者VAPERさんにVAPEについて知ってもらおうと、この記事を書きました。少しでも参考になれば良いなと思います。

初心者から上級者でオススメのものを書いていますが、上級者の方は知っていることばかりだと思います。温かい目で見てくださると助かります・・・

紹介しているアトマイザー以外にもオススメの物があれば追加していこうと思います。

 

以上です!ありがとうございました!

コメント